タイム測定装置
FASTRun-R(ファストランR)
合同会社ワイワイファクトリー
陸上競技用
取扱説明書
お問い合わせ
価格
ワイワイファクトリー
手で切らず、トルソーに近い検出
FASTRun-Rは、赤外線を照射し、前を通過する走者の体から反射した赤外線を検出するのですが、光電管のように細いビームを出しているわけではなく、人の体の大きさ程度に広がる赤外線を照射しています。広がった赤外線の中を走者が通過するとき、走者の「大きな部分」からの反射を検出するように設計されています。「大きな部分」、つまり、トルソーに対しては感じますが、手のような小さな部分には感じません。(ある程度センサーから離れないと手にも感じてしまいます)

下のコマ送り写真は、センサー装置の検知のタイミングを調べたときのものです。赤のLEDが点った瞬間に検知しています。無理に腕を前に出して、誤検知させようとしても、ちゃんとトルソーしか検知していません。
(ちなみに、走っているのは50mを8秒7で走る、開発者の柳本です)



 FASTRun-Rのページに戻る