タイム測定装置
FASTRun-R(ファストランR)
合同会社ワイワイファクトリー
YY-Factory, Inc.
本格派のタイム測定をお手軽に
「FASTRun-R」
news: デイリースポーツ1面に載りました!


日本代表選手が続々採用
陸上競技界の標準器

片側に置くだけの簡単設置

手で切らずトルソーに近い検出
多彩な測定機能
スプリント走、加速走、ラップタイムなどの基本測定
自動スタート合図(ランダムなタイミングでスタート音発生)

自主的スタート(走者がセンサーから離れたらスタート)

リレーのバトン移動測定

それでいて、お値段は光電管の半分以下!

野球,サッカー,ラグビー,アメフト,テニス, など、
球技に必要な瞬発能力の測定機能も充実


スプリント走、加速走、複数区間測定などの基本測定
選手のタイミングでのスタートを検知
プロアジリティー、Tドリル、L(3コーン)ドリル
ベースランニングタイム(野球のベースを踏んだ瞬間を測定)


FASTRun-Rは下図のような動作をします

センサーユニットは前を通過する走者を検知し、
タイマーユニットに無線信号を送ります



タイマーユニットはスタートユニットと各センサーユニット
からの無線信号を受け、タイムを測定します。



 FASTRun-Rは下のような器材で測定します
タイマーユニット

タイマーユニットはストップウオッチと無線信号を受信する受信モジュールで成り立ちます。
受信モジュールがスタートユニットとセンサーユニットからの無線信号を受信し、
無線信号に含まれる「スタート・ストップ」や「ラップ」の命令に応じてストップウオッチを操作します。
ストップウオッチは、標準でカシオHS-70ですが、オプションでご指定のものを搭載することもできます


スタートユニット


ボタンを押すとスタート合図とともに、無線信号が出てタイマーユニットを起動します
スタート合図は電子ピストル音です
一人でも測定できる、セルフスタート機能もついています
 


センサーユニット
  
レーン横の片側だけに設置します
常時赤外線を照射しており、走者が前を通ると選手の体から
反射される赤外線を検知し、タイマーユニットに無線信号を送ります

 ページトップに戻る