タイム測定装置
FASTRun(ファストラン)
合同会社ワイワイファクトリー
陸上競技用
取扱説明書
お問い合わせ
価格
ワイワイファクトリー
光電管とどちらが正確?

FASTRunと光電管の誤差について考えましょう。

FASTRunでは、ゴール装置の赤外線が15cm程度広がります。タイマーを腕の付け根に取り付けるので、腕が前後する分10cm程度の誤差が出ます。
タイマーそのもののタイミング誤差も総合して、30cm程度、0.03秒ほどの誤差が発生します。

光電管は、体のどこの部分がビームを切るかで誤差が生じます。下の写真のように振り出した手で切ったり、前のめりになって頭で切ったり。レーザーを低い位置に設置した場合は足で切ります。この誤差も30cm程度、0.03秒程度と考えていいでしょう。

複数の選手が接戦でゴールすると、光電管はお手上げですが、FASTRunはちゃんと識別できます


光電管での測定。右手が切ったのかも知れません。
 

のページへ戻る